読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

フジトミのくりっく365、メリットは安全性だけ?取引形態は?

2016年に東京金融取引所に参入したフジトミ(FUJITOMI)。そこのくりっく365はどうなのか?くりっく365のもつ安全性だけではなく、取引形態などに何かメリットはない?

2016年にくりっく365に参入のフジトミの安全性とメリットとは?

株式会社フジトミ(FUJITOMI)、あまり耳慣れない名前ですよね。

東証1部上場の小林洋行の連結グループ会社です。

先物取引やFX(為替証拠金取引)を取り扱っている会社。

 

f:id:factor5v:20160317123735j:plain

この会社が2016年になってくりっく365に参入しました。

 

くりっく365とは、東京金融取引所が市場を開設・運営していて、

参入業者はその市場のマーケットメイカー方式と呼ばれる透明性の高い

価格での取引を投資家に提供しています。

 

ですので、メリットとしては、たとえば、

 

・不可解なスリッページがない

・約定拒否がない

スワップ金利が店頭取引よりも高い

 

などなどあります。

 

そして、なんといってものメリットですが、安全性です。

 

参入業者が顧客から預かった証拠金は東京金融取引所に預託されます。

業者のサイフの中に入っているわけではないのです。

 

だから、仮に業者が破たんしても証拠金は戻ってくるという仕組み。

 

しかも、参入業者は、東京金融取引所の厳正な資格要件を満たした

業者なので、そうそう破たんすることはない、優秀と言っていい

FX業者なのです。

 

フジトミもそのうちの1社というわけ。

 

では、くりっく365ならどこのFX業者でも同じなのか?

 

違います。

手数料、そして、アプリケーションの部分で。

 

まず、アプリケーション部分のお話を一つ。

 

フジトミのくりっく365用のアプリケーションに

ポジショントレーダーPRO」というものがあります。

 

16種類の売買シグナルがチャート上に表示されるという

テクニカル分析ソフトです。売買タイミングが一目でわかる

というのがメリット。

 

そして、手数料です。

フジトミのクリック365の最大の特徴は、手数料体系が3つあること。

 

スタンダードコース、プレミアムコース、コンサルタント取引の3つ

のコースがあります。手数料はそれぞれ、無料、540円、1080円

 

スタンダードコースは普通に自分でインターネット取引をしたい人用、

コンサルタント取引は、電話で相談しながら注文したい人用、

そして・・・、

 

プレミアムコースは、取引の相談をしつつインターネット取引を

したい人向けのコースです。

店頭取引業者ではない取引形態だそうですよ。

 

くりっく365の取扱業者の中では、手数料がやたらと高い業者も

多いようですが、フジトミは無料でインターネット取引ができます。

コンサルタントと相談しながらの取引もできます。

 

料金、サービスとも幅があって充実している、といえそうです。

 

どこでも同じようで違うくりっく365、フジトミで考えてみては

どうでしょうか。↓↓↓